スマートハイムシティ袖ケ浦GAULA(ガウラ)

VOICE

  • 01 いつまでも美しい街並景観
  • 02 光と風と緑が心地よい街区計画
    Click »
  • 03 プライベートとパブリックの適度な距離感
    Click »
沢山のお声いただいています!
interview1
この街に引越してきてから、今まで以上に外遊びが大好きに。
「子どもたちは庭に出て遊ぶのが大好きです。リビングやベランダから見守りながら安心して遊ばせることできています。袖ケ浦公園をはじめとして、周辺に大小たくさんの遊び場があるので、週末は家族でピクニックに出かけたりします。東京にいたときは、外に連れ出そうとしなければ子どもは外に出なかったのですが、こちらに引越してきてからは自分から外で遊びたがるようになりました。」
「静かな環境であることも魅力ですね。都内は窓を開けると車の音でうるさかったのですが、ここは大通りに面しておらず車も通らないので、静かで気持ちよく暮らすことができます。」
「静かな環境であることも魅力ですね。都内は窓を開けると車の音でうるさかったのですが、ここは大通りに面しておらず車も通らないので、静かで気持ちよく暮らすことができます。」
やりたいことをしっかり見つけて、自立した子に育ってほしいですね。
「分譲地内のGAULA parkがお気に入りです。なかなかご飯を食べないときも、サッとお弁当を作ってGAULA parkに連れて行けば、ピクニック気分で喜んで食べてくれます。」(GAULA park、平成29年11月撮影)
やりたいことをしっかり見つけて、自立した子に育ってほしいですね。
「東京のようになんでも揃っていて選択肢が多い環境だと、かえって子どもが進むべき方向がわからなくなって、主体的でなくなってしまうことを心配していました。自然にあふれ、都心からも離れていない程よい環境だから、子どもがのびのびとしながら好きなことを見つけられると思います。」
「分譲地内のGAULA parkがお気に入りです。なかなかご飯を食べないときも、サッとお弁当を作ってGAULA parkに連れて行けば、ピクニック気分で喜んで食べてくれます。」(GAULA park、平成29年11月撮影)
歩車分離のフットパスなので、小さな子どもも安心して遊ばせることができます。
子どもが思わず遊びたくなる遊具が揃っているので、自然と体を動かすのが大好きに。
申請すれば、子どもが大好きなBBQをすることができます。
interview2
自然が豊かで、穏やかな人々が集うこの環境で、
優しい子に育ってほしいです。
「リビングの日当たりがすごく良くて、冬は日中暖房がいらないくらい温かいですよ。街全体は平らな土地が多く、ベビーカーが押しやすいところも魅力ですね。」(街並みは平成29年3月にCG処理を施したもので実際とは異なります。)
自然が豊かで、
穏やかな人々が集うこの環境で、
優しい子に育ってほしいです。
「私は、千葉県出身なのですが、袖ケ浦近辺は比較的穏やかな気風の人が多く暮らしています。自然溢れる土地なので、のびのびと過ごして、優しい子に育って欲しいですね。以前住んでいた千葉市は、便利な環境ではあったものの色々な人が近所を行き交っていて、子どもを育てる上で不安だったのですが、袖ケ浦ではプライバシーも守られており、安心して子どもを育てることができます。」
子育て世代に優しい街。子育て支援施設や病院など、
嬉しい施設がしっかり揃っています。
「子どもを育てる上で欲しい施設はしっかり整っています。病院に関しては小児科、皮膚科など、子どもを育てる上で必要な病院が近くにあり、病院の数も複数の選択肢から選べるくらい充実しています。
また、子育て支援施設の『そでがうら子ども館』(約2,800m)では、保育士や栄養士が常駐しているので、気軽に離乳食の相談をすることができます。不安が多い子育てにおいて、しっかり相談できる人が身近にいるのは嬉しいですね。」
保育施設の増設によって定員数が増加 待機児童がほぼゼロ!
待機児童ゼロなど、充実した子育て環境を支えているのは袖ケ浦市の「財政力」。地方公共団体の財政力を測る「財政力指数」では浦安市、成田市に次いで千葉県内3位になります。(参照元:袖ケ浦市公式HP、千葉県 平成27年度市町村財政の状況)
電車と比べてとても快適です。会社までゆったり本を読めるのが、嬉しいですね。
電車と比べてとても快適です。
会社までゆったり本を
読めるのが、嬉しいですね。
「高速バスは本当に快適ですね。通勤時間が短くなりましたし、確実に座れるので朝リラックスして通勤することができます。アクアラインを走る絶景の中、読書をすることができるので気持ちよく出社することができています。バスターミナルまでは、自転車を漕いで向かいますが、朝の新鮮な空気を楽しむことができます。」
「バスは品川、新宿、東京など様々なところから出ている上に、電車で帰宅することもできるので、臨機応変に帰宅手段を使い分けることができます。」
(東京駅丸の内 本物件より約45.0km)
週末、家族でいろんなところに遊びに行くようになりました。
袖ケ浦周辺だけではなく、都内や横浜にもよく出かけます。
「都心に出かけやすいのも魅力です。アクアラインを使えば東京や横浜などにも車ですぐ行くことができます。近場であれば、木更津のアウトレットで買い物したりします。」(横浜市桜木町 本物件より約41.2km)
周辺には子どもとたくさん遊べる場所が多く、都内にもすぐいけるので、週末に家族で過ごす時間も増えたと思います。東京に住んでいた頃は、週末も電車に乗って人混みの中に出かけるのが少し嫌だったのですが、こちらに引っ越してきてからは、週末に家族でドライブしていろんなところに行くようになりました。周辺にも子どもを遊ばせるところがたくさんあるのが嬉しいですね。」
毎日の通勤が楽になったと言っていました。いつも、高速バスでコーヒーを飲みながら優雅な気分で出勤できるそうです。
「夫は月に1、2回出張があるのですが、羽田に30分程度で向かうことができるので、空港にすぐ行けて楽そうです。」
(袖ケ浦バスターミナル 本物件より約2,950m・自動車約5分)
「夫は、袖ヶ浦駅から品川駅に出ている高速バスでいつも出社しています。千葉市に住んでいた頃よりも、帰宅時間も早くなりましたし、朝も少し余裕を持って出社できるようになりました。バスも空いているので、横に荷物を置いてコーヒーを飲みながら出社できているそうです。
電車だと、コーヒー片手に通勤はできないですよね。Wi-Fiも使えるバスもあるそうで、電車と比べるとバスが圧倒的に便利だそうです。」
「夫は月に1、2回出張があるのですが、羽田に30分程度で向かうことができるので、空港にすぐ行けて楽そうです。」
(袖ケ浦バスターミナル 本物件より約2,950m・自動車約5分)
近場に公園やお出かけスポットがたくさん。
OFFの時間は、今まで以上に家族の時間を楽しめます。
袖ケ浦には、親子で楽しめるたくさんの遊び場があるので、車や自転車で気軽に子どもを連れて遊びに行くことができます。
週末は海辺に広がる開放感あふれる芝生の広場で、子どもと一緒に遊ぶ1日を。
晴れている日は、海辺から対岸の景色や富士山の景色を楽しむことができ、リフレッシュできます。
(袖ケ浦海浜公園 本物件より約2,500m・自動車約10分)
郷土博物館が併設され、子どもから大人まで楽しめる。季節の花々が咲き誇る公園。(袖ケ浦公園 本物件より約4,500m・自動車約7分)
アドベンチャーキッズ・アスレチック広場では、遊具がたくさん。子どもが目一杯体を動かすことができます。
カモに餌やりをすることも。自然の生き物と近くで触れ合う体験が子どもの感受性を豊かに育むでしょう。
海側に向かうと一面に東京湾が広がります。親子で海釣りや潮干狩りなどを楽しむことも。(牛込海岸 本物件より約1,700m)
袖ケ浦海浜公園に行く際に通る道路では、“千葉のカリフォルニア”と称される海岸が広がります。(海浜公園通り 本物件より約1,100m)
お手頃価格でショッピングを楽しめます。(三井アウトレットパーク木更津 本物件より約3,200m・自動車約5分)
【売主】東京セキスイハイム株式会社まちづくり事業部

Copyright © TOKYO SEKISUIHEIM Co., Ltd. All rights reserved